省エネ・節電・断熱・結露対策

 

家の「高気密・高断熱化」に一番大きく影響するのが窓です。

住宅設備産業協会によれば、窓からの熱の出入りは冬の暖房時は58%の割合で熱が流出し、夏の冷房時(昼)は73%の割合で熱が入ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓は壁や屋根に比べて手軽にリフォームが可能で、しかも効果抜群!
冷暖房効率を高め、電気代節約・省エネはもちろん、冬の結露も減らすことができ、カビ対策にもなります。
PM2.5や黄砂・花粉などで外気を遮断したいときも、気密性を高めることができます。

取付施工が簡単!効果抜群大人気!
2重窓をお勧めします

 

窓の結露・気密性・耐熱性・防犯性・防音などあらゆる問題を解決する「二重窓」がおススメです!


薄いガラス窓に内窓をつけることで、空気の層をつくり熱を遮断します。二重窓取付は複雑な工事も必要なく、手軽で安価に設置できて効果抜群です。

一窓あたり取付時間わずか60分程度!

予算の目安:一般的なサイズの引違窓で4~5万円程度

冬の冷気は窓からやってきます!

単層ガラスの窓は外気温に影響され15°以下に冷えています。

上記の窓に複相ガラスの内窓を設置。

外気温が遮断され22度に上昇、家族全員の体温も上昇しているのが分かります。

単層のガラスに複相ガラスの内窓を設置。

空気の層で熱を遮断し結露も激減!

防犯性・防音性能も高くなります。

LOW-Eガラス

金属膜をガラスに挟み込み、遮熱・断熱性能をもたせたガラス

 

断熱ガラス・断熱サッシを選べば
さらに効果抜群です!

 

二重窓に取り付けるガラスにはLOW-Eと呼ばれる断熱・遮熱性をもったフィルムを内蔵したガラスを選ぶとさらに断熱効果が高まります。

 

また内窓サッシは樹脂製なのでアルミ製のサッシに取り付けると、サッシそのものの断熱性能が高まり気密性がアップします。

ガラスよりサッシの部分が結露して困っている・・・そんなお悩みも解消します!

 

二重窓は開けるとき面倒・・・という方には

 

スマートカバー工法で、今あるサッシの上から樹脂サッシ

をかぶせてガラスを入れ替えます。この方法なら窓が

二重にならず、開け閉めのわずらわしさがありません。

断熱ドアで玄関も温度をコントロール

 

ご年配の方には、部屋と玄関の温度差が心臓に負担で、ヒートショックを起こす危険性があります。
特に冬の玄関は寒いですから注意が必要です。

 

ドアを断熱素材に変えてみませんか?

 

ちょっと古臭いデザインの玄関も、ドアを今風に変えればがらっと雰囲気が変わるもの。


さらに、スマートキーやピタッとキーなどと組み合わせると防犯性もアップします。

ドアリフォーム前

断熱対策のされていないドア。デザインもちょっと古い感じで冬はとても寒い玄関でした。

ドアリフォーム後

今風のドアに変えると玄関のイメージが大きく変わりましたね。もちろん断熱性もアップ!

 

皆様の住宅に適した断熱化を提案させていただきます!

お問い合わせはこちらからどうぞ→

まどや by MDハウス株式会社 大阪府箕面市新稲1-7-4 TEL:072-741-5756 FAX:072-741-5690
MAIL:mdhouse※office.eonet.ne.jp ※を@に変えてください
 

 

Copyright © 2014 MDhouse Co.Ltd. All Rights Reserved.