コロナ感染症対策にも

換気をうながし空気の流れを良くするために

新型コロナウィルスにより、なるべく人のいる空間は換気が推奨されています。

換気にはドアや窓などの開口部を2カ所以上開けて、空気の流れを作ることが重要です。

特に空気のよどみやすい部分を開閉して、部屋全体に風を流して家じゅうの空気を入れ替えましょう。

​ ●通気性を良くするお勧めリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感染症対策だけでなく、換気を良くすることは健康にとても重要です。

​今のサッシやガラスは昔のものと比べて、閉めれば断熱性が高くなるので、換気と気密性の両方を確保することが出来、生活の質をアップするのに有効なリフォームです。

​ぜひ当店にご相談ください。

メーカーサイトでも換気の方法について詳しい説明を掲載しています。

YKKAPのWEBサイト「住まいの上手な換気方法」はこちら

裏口通風ドア

勝手口のドアや、事務所や集会所の裏口ドアなどは、空気が滞留しやすい場所。

​開けておくと防犯上危ない場所でもあります。通風仕様のドアに替えれば、ドアをロックしたままで風を入れることが出来て、安心です。

​FIX窓を窓交換

明かりを取り入れるためにあるFIX窓。嵌め殺しの窓ともいわれています。階段上部や吹抜け、リビングにもよく使われていますが、窓を開閉できるタイプに交換することで風通しがとても良くなる場合があります。

玄関ドア通風仕様

玄関もまた空気が動かない場所の一つでもあります。夏は熱がこもりやすい場合もあります。通風機能のあるドアに交換すると、鍵を閉めたまま換気が出来て安心です。裏口と同時に通風ドアにすれば風が流れやすくなります。

窓を増設

​大きな窓の一部を開閉できるようサッシをはめ込むことが出来ます。こちらの飲食店のようにデリバリー用の小窓にも使え、また換気を確保することにも使えます。事務所などでも最小限の窓を開けることで、対面でのやりとりを完了できます。

まどや by MDハウス株式会社 大阪府箕面市新稲1-7-4 TEL:072-741-5756 FAX:072-741-5690
MAIL:mdhouse※office.eonet.ne.jp ※を@に変えてください
 

 

Copyright © 2014 MDhouse Co.Ltd. All Rights Reserved.