• MDhouse

【施工事例】トイレを交換し節水型に(狭山市)


最近のトイレは、汚れが付きにくい素材、自動洗浄などの機能が充実しています。特に節水に関しては、大きく進化しています。約20年前の便器は、一回流す水量が約13Lでしたが、最新のトイレは水量がたった4,8L!半分以下になっているのです。

一般的な家庭で計算すると、年間20,100円かかっていた水道代が年間約5,900円に減るというデータががあります。これは大きいですね。

こちらのお宅でも、最新型のトイレに交換をご希望でリフォームいたしました。

 【施工前↓】

 【施工後↓】

TOTOのピュアレストQRとウォシュレットS1Aを設置しました。

それまでウォシュレットのボタンが便器についていましたが、壁付けのリモコンになりました。便器の下がお掃除しやすく好評です。

大・小・エコ小という3種類のボタンがついており、それぞれ大は4,8L、小3,6L、エコ小3,4Lと大きな節水になっています。

トイレは、毎日使うものですから、こうした節水が大きく影響してきます。

ありがとうございました。


14回の閲覧0件のコメント