• MDhouse

【施工事例】ベランダ手すりの笠木交換(箕面市)


箕面市T様の築40年のお宅です。2階の鉄製のベランダ手摺の根元が錆びついて、危ない感じがするとのご相談をいただきました。

【施工前↓】



手すりの上についているこの部品は「笠木」と呼ばれ、現在ではアルミ製がほとんどですが、古いものでは鉄が使われている場合があります。鉄は錆びて劣化するので、ベランダのサイディングの中に水が入ってしまっているかもしれません。建物の構造によっては、雨水が家の本体とつながっていて、家の中に水が入ってしまうことも考えられます。

まずは笠木を外して状態を確認します。



確かに水は入っていましたが、構造上家の本体に水が流れ込むことはありませんでした。これならこの一部だけの補修工事で大丈夫です。

 【施工後↓】



ベランダの下地木材を修理・補強し、白アリ対策も施しました。笠木は劣化の少ないアルミ製に交換です。ベランダ床の防水工事も施し、これで安心です。

家の外側の劣化は、家全体にかかわってくることがあります。手遅れにならないために、ひと声かけてくださいね。

T様ありがとうございました。

#ベランダ

487回の閲覧0件のコメント